MISCARRIAGE - Imminent Horror 2LP

Category : Metal , VINYL

Group : ホーム 5500円以上お買い上げで送料全国一律500円 / 16500円以上お買い上げで送料無料サービス対象商品 (Metal)



Me Saco Un Ojoからリリースされた、ギター/ベース/ヴォーカルを担当するJon Paxtonというアメリカ人と、ドラマーでアートワークも兼ねるUlf Nylinというスウェーデン人による2ピース・スラッジ・グラインド・バンドの2枚組LP。両者ともにHATE CROSSというグラインドコア・バンドで活動を共にしていたようですが、そのバンドは既に活動していない様子。本作以前のリリースはどれもデジタル・フォーマットで、それらをまとめたコンピレーションCDも出ているらしいけど、情報量が少ないミステリアスなバンドで、曲にはタイトルも無く(I, II, III, IV,,,といった具合)、そして初アナログ盤がMSUOからこんなジャケで出たので、ゲリラ的リリースながら発売直後からかなりの反響のようです。ゲートフォルド・スリーブで、レギュラー・ブラック・ビニールと限定ホワイト・ビニールの2種入荷しています。

とりあえずこのジャケからCARCASSを連想せずにはいられないわけですが、この作品は過去作品でのグラインドコア・スタイルと違い、恐怖に満ちた暗黒音塊サイコ・ドゥームなアプローチに徹したようです。マスタリングはJames Plotkin氏が担当していて、BURNING WITCHやKHANATEなどの初期Southern Lordドゥーム好きにもかなりオススメの極悪重遅音。ノイズ、インダストリアル、パワーエレクトロニクス、ブラック、ゴア、などの要素が混沌としたサウンドは、SWANS, GODFLESH, CORRUPTED, BUNKUR, PLANET AIDS, STALAGGH, DEATH'S HEAD QUARTET, etcのファンにはたまらないでしょう。あと、これがMSUOから出て大ヒットしてる状況からは、オールドスクール・デス・メタル・シーンでのトレンドが、PISSGRAVEのブレーク以降、ちょっとゴアな方向に向いてるようにも感じさせます。いずれにしろ、2019年下半期エクストリーム・メタル・シーンの話題作に違いありません!!

(Oct.2.2019)




型番 :Me Saco Un Ojo: (blkmtl dmmtl extrm rcmnds)
販売価格

2,700円(税込2,970円)

購入数
盤色
オプションの価格詳細はコチラ

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Members

はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら

Cart

View Cart

Search

RECORD BOY Exclusives

Category


rss   atom